住み込みの仕事はいくらくらい稼げる?

仕事によって給料は大きく異なる

住み込みの仕事と一口に言っても、リゾートバイト、自動車工場の期間従業員の仕事、パチンコスタッフなど、さまざまな仕事があります。リゾートバイトなら、日給は4000円~7000円程度になっていることが多いです。リゾートバイトの場合、寮費や水道光熱費が無料、食事代も無料なので、生活費がいっさいかからず、日給が4000円でもそれなりに稼げます。
自動車工場の期間従業員の仕事なら、時給は1200円~1400円程度であり、皆勤手当て、食事手当てなども付くので、月収は25万円~33万円程度になります。自動車工場の期間従業員の仕事では、残業や休日出勤がどれだけあるかによって給料が大きく変動します。さらに、入社祝金や契約満了時の満了金などももらえるので、年収は400万円を超えることもあります。

寮費や水道光熱費が重要になる?

住み込みの仕事では、給料がいくらもらえるのかということも重要ですが、寮費や水道光熱費が給料からどのくらい引かれるのかということも重要になります。例えば、とある仕事では月収が25万円、寮費と水道光熱費が無料である場合、税金などが引かれた後の手取りは20万円くらいになるでしょう。別の仕事では、月収が30万円でも、寮費と水道光熱費が合計6万円給料から引かれるようになっていれば、手取りは19万円程度になってしまいます。
住み込みの仕事をする人の多くは、貯金をしたいと考えているでしょうから、寮費などが引かれた後の手取りがどのくらいになるのかについては、必ず考えておきましょう。手取りで計算してみると、年収が400万円を超える上に、寮費と水道光熱費が無料の自動車工場の期間従業員の仕事は、とても条件の良い仕事であることがわかります。